シャルケが逆転2位でCL16強 内田は圧巻の守備で貢献

公開日:  更新日:

 ドイツ・シャルケ所属の日本代表DF内田篤人は果敢な攻撃参加が持ち味だが、サイドバックとして欧州チャンピオンズリーグ(CL)を戦うのには、やはり守備力も要求される。

 内田はその守備力を、スロベニア・マリボル戦(日本時間11日午前4時45分キックオフ)で存分に発揮。グループリーグG組での“逆転”2位通過を手繰り寄せた。

 前節までにG組首位通過はチェルシー(イングランド)で確定。3位シャルケは「マリボルに勝利した上で2位のスポルティングが敗退」した場合にベスト16進出となる。

 序盤から試合を優位に進めるマリボルが前半22分、先制機を迎えた。

 左CKの場面でMFサラリッチが、シャルケのゴール右隅を狙ってヘディングシュート。これをゴールライン上にいた内田が、体を投げ出してストップ。こぼれたボールをFWタバレスが至近距離から強烈シュート。誰もがマリボル先制と思った瞬間、倒れていた内田が右足を高く上げ、シュートをモノの見事にはじき返したのである。

 シャルケは後半17分に19歳FWメイヤーが決勝ゴール。試合終了後、スポルティングが1─3で敗退したことを知ったシャルケの選手たちは、ピッチ上で全員が肩を組んで大喜び。主役の一人はもちろん内田だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る