シャルケはホームで惨敗 今や内田篤人は欧州では“タダの人”

公開日: 更新日:

 日本代表DF内田篤人(26)が、欧州CLチェルシー戦(日本時間26日午前4時45分開始)惨敗の“戦犯”となってしまった。

 開始早々、内田が攻め上がってポッカリと空いた左サイドを狙われ、ドリブルで突破したチェルシーFWジエゴ・コスタが強烈シュート。これが左CKとなり、チェルシー主将DFテリーがヘディング一発。いきなりの失点に毒気を抜かれたシャルケの選手は浮足立ち、ウィリアンのゴールとオウンゴールで前半を0―3で折り返すと、6万人の地元サポーターからは大ブーイングが起こった。

 後半、何とか一矢を報いたいシャルケは、内田も何度か相手エリアに進入するが、気の利いたプレーは見せられず、それどころか、2失点に関与してしまう。

 76分、内田がオフサイドトラップに失敗。チェルシーFWドログバに4点目を決められた。その1分後。チェルシーMFラミレスが中央から左サイドにパス。ドログバからのクロスを走り込んだラミレスがフリーでヘディングシュート。定位置の右サイドでドログバをマークしているはずの内田は、自ゴールの真ん前でラミレスのシュートを、呆然と見送ることしかできなかった。

 内田は、アギーレ日本5戦目のホンジュラス戦(14日)で代表復帰。6―0の圧勝劇に大きく貢献した。しかし、二線級選手揃いのホンジュラスには通用しても、欧州サッカーの最前線では通用しなくなりつつある。

 内田株、大暴落である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る