シャルケはホームで惨敗 今や内田篤人は欧州では“タダの人”

公開日:  更新日:

 日本代表DF内田篤人(26)が、欧州CLチェルシー戦(日本時間26日午前4時45分開始)惨敗の“戦犯”となってしまった。

 開始早々、内田が攻め上がってポッカリと空いた左サイドを狙われ、ドリブルで突破したチェルシーFWジエゴ・コスタが強烈シュート。これが左CKとなり、チェルシー主将DFテリーがヘディング一発。いきなりの失点に毒気を抜かれたシャルケの選手は浮足立ち、ウィリアンのゴールとオウンゴールで前半を0―3で折り返すと、6万人の地元サポーターからは大ブーイングが起こった。

 後半、何とか一矢を報いたいシャルケは、内田も何度か相手エリアに進入するが、気の利いたプレーは見せられず、それどころか、2失点に関与してしまう。

 76分、内田がオフサイドトラップに失敗。チェルシーFWドログバに4点目を決められた。その1分後。チェルシーMFラミレスが中央から左サイドにパス。ドログバからのクロスを走り込んだラミレスがフリーでヘディングシュート。定位置の右サイドでドログバをマークしているはずの内田は、自ゴールの真ん前でラミレスのシュートを、呆然と見送ることしかできなかった。

 内田は、アギーレ日本5戦目のホンジュラス戦(14日)で代表復帰。6―0の圧勝劇に大きく貢献した。しかし、二線級選手揃いのホンジュラスには通用しても、欧州サッカーの最前線では通用しなくなりつつある。

 内田株、大暴落である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る