「ベンチ定着」と「セリエA出場停止」 長友を襲う2つの危機

公開日:  更新日:

 日本代表DF長友佑都(28)所属のインテルが欧州ELでサンテティエンヌ(仏)と敵地で対戦(日本時間7日午前3時開始)。1―1のドローに終わったが、グループF首位をキープした。

 左足ヒラメ筋痛で10月初旬から欠場中の長友は、今月から本格的な練習をこなし、サンテティエンヌ戦の帯同メンバー22人に入っていた。ところが現地入り後に風邪を引き、ベンチメンバーからも外れ、結局戦列復帰は先送りに。ここにきてのコンディションダウンは痛い。このままだと長友は、「左も右もこなせるサイドの控え選手」で残りのシーズンを送ることになる。

 左サイドの定位置を確保して長友を右に追いやったドド(22)は、サンテティエンヌ戦でゴールをあげた。今季は右サイドで退場処分を受けるなど、パフォーマンスの悪さが目立つ長友とは決定的な差がついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る