• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ベンチ定着」と「セリエA出場停止」 長友を襲う2つの危機

 日本代表DF長友佑都(28)所属のインテルが欧州ELでサンテティエンヌ(仏)と敵地で対戦(日本時間7日午前3時開始)。1―1のドローに終わったが、グループF首位をキープした。

 左足ヒラメ筋痛で10月初旬から欠場中の長友は、今月から本格的な練習をこなし、サンテティエンヌ戦の帯同メンバー22人に入っていた。ところが現地入り後に風邪を引き、ベンチメンバーからも外れ、結局戦列復帰は先送りに。ここにきてのコンディションダウンは痛い。このままだと長友は、「左も右もこなせるサイドの控え選手」で残りのシーズンを送ることになる。

 左サイドの定位置を確保して長友を右に追いやったドド(22)は、サンテティエンヌ戦でゴールをあげた。今季は右サイドで退場処分を受けるなど、パフォーマンスの悪さが目立つ長友とは決定的な差がついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事