好機にパス回ってこず…ドルト首位通過も香川は“追試”落第

公開日: 更新日:

 欧州チャンピオンズリーグのD組のドルトムントは9日、グループリーグ最終戦をホームでアンデルレヒト(ベルギー)と対戦(日本時間10日午前4時45分キックオフ)。香川真司(25)はトップ下で先発出場した。

 直近の国内リーグ・ホッヘンハイム戦は出番なしに終わり、休養十分とあって序盤から精力的に動き回った香川だが、1トップのインモービレ、背番号10のムヒタリアンらとの連係不足は相変わらず。シュートチャンスにパスが回ってこず、相手PA内で不満げな表情を見せながら立ち尽くす場面も目立った。

 後半13分、香川を起点にパスがつながり、移籍1年目で本領を発揮できないでいるイタリア代表FWインモービレが、右足強烈シュートで先制弾。同じように不遇をかこう香川にも、追加点を奪って存在感をアピールするチャンスが1分後に訪れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る