高梨沙羅 日体大入学の決め手は「カネ」「所属先」「父親」

公開日: 更新日:

「報道を見て驚きました。本当ならば喜ばしいことですが…入学については以前から(高梨側と)話し合いはしています」

 日刊スポーツ(12日付)の「高梨沙羅 日体大飛び級入学」の記事に同大広報課はこう話す。

 ジャンプでW杯総合2連覇の高梨(グレースマウンテン・インターナショナルスクール3年)を巡ってはソチ五輪前から争奪戦が繰り広げられ、大学スキー部の名門早大と両親の母校日体大の一騎打ちの様相を呈していたという。それが来年3月を待たず今月、日体大に飛び級入学することが決まった。

「決め手になったのは強化費でしょう。早大は出せないが日体大は出せる。それと所属先の問題。大会に出場する際、日体大は現在、高梨が契約している『クラレ』のままでオーケーだが、早大は『早大』で出て欲しい。日体大入学なら、ジャンプ選手だった父親の寛也さんがスキー部のジャンプ担当コーチになる話もある。そんなこんなで日体大入学になったのでしょう」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る