高梨沙羅 日体大入学の決め手は「カネ」「所属先」「父親」

公開日:  更新日:

「報道を見て驚きました。本当ならば喜ばしいことですが…入学については以前から(高梨側と)話し合いはしています」

 日刊スポーツ(12日付)の「高梨沙羅 日体大飛び級入学」の記事に同大広報課はこう話す。

 ジャンプでW杯総合2連覇の高梨(グレースマウンテン・インターナショナルスクール3年)を巡ってはソチ五輪前から争奪戦が繰り広げられ、大学スキー部の名門早大と両親の母校日体大の一騎打ちの様相を呈していたという。それが来年3月を待たず今月、日体大に飛び級入学することが決まった。

「決め手になったのは強化費でしょう。早大は出せないが日体大は出せる。それと所属先の問題。大会に出場する際、日体大は現在、高梨が契約している『クラレ』のままでオーケーだが、早大は『早大』で出て欲しい。日体大入学なら、ジャンプ選手だった父親の寛也さんがスキー部のジャンプ担当コーチになる話もある。そんなこんなで日体大入学になったのでしょう」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る