• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高梨沙羅 日体大入学の決め手は「カネ」「所属先」「父親」

「報道を見て驚きました。本当ならば喜ばしいことですが…入学については以前から(高梨側と)話し合いはしています」

 日刊スポーツ(12日付)の「高梨沙羅 日体大飛び級入学」の記事に同大広報課はこう話す。

 ジャンプでW杯総合2連覇の高梨(グレースマウンテン・インターナショナルスクール3年)を巡ってはソチ五輪前から争奪戦が繰り広げられ、大学スキー部の名門早大と両親の母校日体大の一騎打ちの様相を呈していたという。それが来年3月を待たず今月、日体大に飛び級入学することが決まった。

「決め手になったのは強化費でしょう。早大は出せないが日体大は出せる。それと所属先の問題。大会に出場する際、日体大は現在、高梨が契約している『クラレ』のままでオーケーだが、早大は『早大』で出て欲しい。日体大入学なら、ジャンプ選手だった父親の寛也さんがスキー部のジャンプ担当コーチになる話もある。そんなこんなで日体大入学になったのでしょう」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る