香川が主力剥奪ピンチ サッカー日本代表合宿で精細を欠く

公開日:  更新日:

 アジア杯の開催地オーストラリアの南東部セスノックで直前合宿中の日本代表は5日、地元クラブと練習試合(30分×2本)を行った。試合は7―0と日本代表の圧勝に終わったが、主力の中でパフォーマンスが上向かず、浮かない表情の選手がいる。エースナンバー・背番号10のMF香川真司(25)だ。

 インサイドMFで先発した香川は攻守に精彩を欠き、後半から香川に代わって出場したFW乾貴士(26)が2得点。香川の不調ぶりが際立った格好である。「香川の日本代表内における優先順位が、明らかに下降線をたどりつつある」とは現地取材中のサッカージャーナリスト。さらにこう続ける。

「自分のリズムでドリブル突破を図り、短いパス交換でDFを翻弄しながらシュートに持ち込むのが香川の持ち味ですが、ミドルパスを多用してシンプルに攻めるアギーレのサッカーとフィットせず、暗い表情でプレーしているのが印象的です。マンUから古巣ドルトムントに戻ったものの、連続リーグ優勝の立役者だったころよりもプレーの精度、キレ、決定力は落ちており、ドルトムントでもスタメン落ちが珍しくなくなった。同じプレースタイルのMF清武弘嗣(25)や乾と比べて好材料の少ない香川は、主力組はく奪の危機です」

 もし香川が12日のパレスチナ戦でパッとしなかったら、第2戦のイラク戦はベンチから試合を眺めることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る