• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

香川が主力剥奪ピンチ サッカー日本代表合宿で精細を欠く

 アジア杯の開催地オーストラリアの南東部セスノックで直前合宿中の日本代表は5日、地元クラブと練習試合(30分×2本)を行った。試合は7―0と日本代表の圧勝に終わったが、主力の中でパフォーマンスが上向かず、浮かない表情の選手がいる。エースナンバー・背番号10のMF香川真司(25)だ。

 インサイドMFで先発した香川は攻守に精彩を欠き、後半から香川に代わって出場したFW乾貴士(26)が2得点。香川の不調ぶりが際立った格好である。「香川の日本代表内における優先順位が、明らかに下降線をたどりつつある」とは現地取材中のサッカージャーナリスト。さらにこう続ける。

「自分のリズムでドリブル突破を図り、短いパス交換でDFを翻弄しながらシュートに持ち込むのが香川の持ち味ですが、ミドルパスを多用してシンプルに攻めるアギーレのサッカーとフィットせず、暗い表情でプレーしているのが印象的です。マンUから古巣ドルトムントに戻ったものの、連続リーグ優勝の立役者だったころよりもプレーの精度、キレ、決定力は落ちており、ドルトムントでもスタメン落ちが珍しくなくなった。同じプレースタイルのMF清武弘嗣(25)や乾と比べて好材料の少ない香川は、主力組はく奪の危機です」

 もし香川が12日のパレスチナ戦でパッとしなかったら、第2戦のイラク戦はベンチから試合を眺めることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る