• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「想定内」の声も…大久保と宇佐美はアジア杯代表なぜ落選?

 来年1月9日からオーストラリアで始まるアジア杯の日本代表メンバー23人が15日に発表された。

 FWでは岡崎慎司、本田圭佑、豊田陽平、乾貴士、武藤嘉紀、小林悠と11月のキリンチャレンジ杯に呼ばれた6人が順当に選出された。軸になるのは、ブンデスリーガでゴールを量産している岡崎だろう。

 Jリーグで2年連続得点王(18ゴール)に輝いた大久保嘉人、G大阪の3冠獲得に貢献した宇佐美貴史(リーグ戦10点、ナビスコ杯5点、天皇杯6点)のサプライズ選出は見送られた。

 個人的には「想定内」である。大久保は、32歳という年齢がネックになっているはずだ。結果を残しているが、これまでアギーレ監督は、一度も大久保に興味を示したことがない。

 宇佐美については、得点能力に加えてドリブル突破も大きな魅力だが、守備力に問題があると判断されたのだろう。相手ボールの時もプレスをかけるのではなく、前線に居残っているだけ。近代サッカーのFWは、前線からの守備に加え、ボールをロストしたら自ら取り返すという個人の責任も要求される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る