「優勝しないと」 葛西紀明がジャンプ週間最終戦2位にも不満

公開日: 更新日:

 ノルディックスキーのW杯男子ジャンプ個人第13戦が6日(日本時間7日未明)、オーストリア・ビショフスホーフェンで行われ、葛西紀明(42)が132.5メートル、137メートルの277.1点で2位に入った。

 表彰台に立ったのは2戦連続で今季4度目。4試合の合計得点で争うジャンプ週間総合順位は1074.8点で4位で、伝統のジャンプ週間最終戦を締めくくった。

 葛西は「2位は面白くない。優勝しないと、うれしさはこみ上げてこない。課題は踏み切りのタイミングと、着地でのテレマーク姿勢。それがうまくいかないと優勝できない」と語った。

 優勝はミヒャエル・ヘイベク(オーストリア)で137.5メートル、136.5メートルの288.4点。3位には同じオーストリアのシュテファン・クラフトが入り、ジャンプ週間総合を1106.7点で初制覇し、同国の7連覇に貢献した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る