日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

去就決まらぬ鳥谷に業を煮やす阪神 チーム作りもままならず

「鳥谷は阪神残留だろう。メジャーに挑戦するならば、今頃とっくに腹を決めているはずだ」

 米スポーツサイトのブリーチャーリポートが、メジャー移籍を視野にFA権を行使した鳥谷敬(33)についてこう報じたのは1月3日のこと。

 代理人のスコット・ボラス氏は昨年12月のウインターミーティングではこんな話をしていた。

「多くのチームが二塁手として興味を持っている。ユーティリティー選手(内野の控え)として契約するつもりはないだろうと、はっきり伝えてきた。阪神残留も含めて年内には決めたい」

 しかし、年末になって鳥谷は、阪神に結論が年明けになることを通達。8日現在、その去就は明らかになっていない。それだけに米球界では、鳥谷がメジャーに挑戦する気なら阪神に断りを入れるはずだと、その本気度を疑問視する声すら上がっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事