去就決まらぬ鳥谷に業を煮やす阪神 チーム作りもままならず

公開日: 更新日:

「鳥谷は阪神残留だろう。メジャーに挑戦するならば、今頃とっくに腹を決めているはずだ」

 米スポーツサイトのブリーチャーリポートが、メジャー移籍を視野にFA権を行使した鳥谷敬(33)についてこう報じたのは1月3日のこと。

 代理人のスコット・ボラス氏は昨年12月のウインターミーティングではこんな話をしていた。

「多くのチームが二塁手として興味を持っている。ユーティリティー選手(内野の控え)として契約するつもりはないだろうと、はっきり伝えてきた。阪神残留も含めて年内には決めたい」

 しかし、年末になって鳥谷は、阪神に結論が年明けになることを通達。8日現在、その去就は明らかになっていない。それだけに米球界では、鳥谷がメジャーに挑戦する気なら阪神に断りを入れるはずだと、その本気度を疑問視する声すら上がっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

もっと見る