日ハム大谷 自主トレで「ソフトボールでティー打撃」の狙い

公開日: 更新日:

 意図があっての練習なのだろう。

 日本ハム大谷翔平(20)が8日、「変わったトレーニング」を開始した。打撃練習の一環としてソフトボールを使ったティー打撃を始めたのだ。

 午前中の約10分間、トレーナーのトスに合わせてティー打撃を繰り返した本人は、「特に意味はないです。新しいものを取り入れていこうということです」とコメントしたものの、その狙いは何なのか。

 早大ソフトボール部出身のプロ4年目捕手・大嶋匠(24)は、「たぶん翔平は遊び程度の感覚なのでしょうが……」と前置きしてこう言った。

「ひとつ理由を挙げるとしたら、ボールを飛ばすことに意識を置いているのかもしれません。ソフトボールって、球が大きい分、重さもある。野球の硬球を打つのとは感覚が違いますが、下半身を使ってしっかりとした打撃フォームで打たないとボールは飛ばないですから。重いボールを強く打つ感覚を磨けば、硬球を打つ飛距離も自然と伸びると思います。ミート練習のためにプロがソフトボールを使うことは考えにくいですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る