<第5回>ツアーから余計な贅肉をそぎ落として再出発を図る

公開日:  更新日:

 日本男子ツアーに対して丸山茂樹は、「再出発か滅亡かの危機感を持ってほしい」と男子プロやツアー関係者全員に向かって警鐘を鳴らす。そのプランも考えている。

――日本ツアーはどのように改革していけばいいのでしょう。

 日本プロゴルフ協会(PGA)の倉本昌弘会長が、現在の危機的状況を乗り越える革命を起こすことができたら、すごいなと思います。

 倉本先輩には、「日本ゴルフツアー機構(JGTO)とPGAをもう一回くっつけて」と頼んでいます。一日でも早く実現して欲しい。

 ボクはもともとPGAからツアー部門だけ離れることに不安を抱いていましたから、昔のように一緒になるところから再出発しないとまずいんじゃないかなと思う。

 それはいつまでたっても、JGTOが選手からのトップダウンで運営していること自体おかしいからです。ツアーをトータルコーディネートできるプロフェッショナルたちに運営を任せるように、早急に切り替えるべきです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る