<第5回>ツアーから余計な贅肉をそぎ落として再出発を図る

公開日:  更新日:

 日本男子ツアーに対して丸山茂樹は、「再出発か滅亡かの危機感を持ってほしい」と男子プロやツアー関係者全員に向かって警鐘を鳴らす。そのプランも考えている。

――日本ツアーはどのように改革していけばいいのでしょう。

 日本プロゴルフ協会(PGA)の倉本昌弘会長が、現在の危機的状況を乗り越える革命を起こすことができたら、すごいなと思います。

 倉本先輩には、「日本ゴルフツアー機構(JGTO)とPGAをもう一回くっつけて」と頼んでいます。一日でも早く実現して欲しい。

 ボクはもともとPGAからツアー部門だけ離れることに不安を抱いていましたから、昔のように一緒になるところから再出発しないとまずいんじゃないかなと思う。

 それはいつまでたっても、JGTOが選手からのトップダウンで運営していること自体おかしいからです。ツアーをトータルコーディネートできるプロフェッショナルたちに運営を任せるように、早急に切り替えるべきです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る