日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第2回>日本のメディアはゴルフへの関心が低すぎる

 米ツアーは年をまたいで開催されており、2014─15年シーズンはすでに始まっている。

 ところが日本男子ツアーはメジャー初戦のマスターズ(4月9~12日)が終わった翌週、4月16日の東建ホームメイトカップでようやく開幕を迎える。

 これではゴルフファンの目は海外を向き、国内大会は関心が薄れてしまう。人気の松山英樹や石川遼が米ツアーを主戦場にしていることで、注目度も低くなる。

――これからも人気プロの海外流出は止められない?

 ゴルフ界に限らず、野球、サッカーもそうですが、ボーダーレスの時代になって、力のある選手が海外のトップステージに挑戦していくのは自然の流れだと思います。

 ただゴルフの場合、野球やサッカーに比べてスーパースターが少なく、歴史はあっても、巨人や阪神のように根強いファンがいるわけではありません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事