<第1回>選手とギャラリーの一体感がトーナメントにはない

公開日:  更新日:

 日本ツアー10勝、米ツアー3勝と世界で活躍した丸山茂樹プロ(45)が、「スター選手不在の日本男子ツアーは非常に厳しい局面にきている」と指摘する。男子ツアー国内開催は昨季より1試合増えて24試合と明るい材料もある。しかし、最盛期に比べたら21試合も少ない。

――丸山さんは週刊誌連載で、「それぞれの選手も営業マンにならないといけない」と述べています。どうすればいいのでしょう。

 昔のプロに比べると今のプロは試合会場であっさりし過ぎています。一言でいえばサービス精神が足りない。

 昔はファンと一体になってトーナメントを盛り上げるエンターテイナーがたくさんいました。ジャンボさんはインタビューの受け答えが面白いし、パフォーマンス能力も高い。ギャラリーが拍手したら右手を高く突き上げて、その周りがドッと盛り上がるような見えを切った。試合が終わった後に、「大したゴルフしていないのに優勝しちゃった」というあの口ぶり。誰でもかかってこいという独特の雰囲気が喜ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る