日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アジア杯初戦直前 アギーレ日本の不安材料は「左MF・香川」

 アジア杯・1次リーグD組初戦のパレスチナ戦(12日午後4時開始)に向け、9日に試合会場のニューカッスルで初練習した日本代表。

「ニューカッスルに移動した選手たちは『今日から戦闘モード』と示し合わせ、この日の練習ではピリピリとした緊張感が伝わってきました」(現地で取材中のサッカージャーナリスト・六川亨氏)

 アジア杯初出場のパレスチナの世界ランクは115位。同54位の日本の敵ではない。一部メディアが「スウェーデン生まれの21歳ストライカーが秘密兵器」と身長180センチFWダダを取り上げているが、スウェーデン3部リーグ所属の選手に過ぎない。前出・六川氏が「勝敗ではなく、日本がどんな戦術、選手起用で完勝し、2戦目以降にどうつなげるか。これが試合の焦点となる」と言うように、何よりも内容が問われる一戦となる。


■左サイドの連携にも影響

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事