日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アジア杯合宿打ち上げ "灰色"指揮官アギーレが上機嫌のワケ

 アジア杯開幕(9日)を控え、8日に開催地オーストラリアの南東部セスノックでの直前合宿を打ち上げた日本代表。

 この日は現地午前10時半から練習を行い、同夕方にはパレスチナ代表との1次リーグD組初戦(12日)が行われるニューカッスルに移動した。

 現地に到着した翌4日と5日、気温30度超の中で練習試合が組まれ、オフだった6日の翌7日には、炎天下のピッチで高負荷のウエートトレーニングを課せられ、選手たちはゲンナリとした表情を浮かべていた。

 対照的だったのが、指揮官のアギーレ監督。「合宿初日から最終日までずっと上機嫌だった」(現地取材記者)からだ。

 8日の練習中、サイドからのクロスが精度を欠くとアギーレ監督は汚い言葉を吐きながら、持っていたバインダーを投げ捨てるパフォーマンス。が、正確なクロスが入ると一転、右手親指を立てて「ブラボー!」と叫び、意図的にアメとムチを使い分けてチームを活気づけていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事