日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第7回>白鵬らモンゴル人横綱の原点となった「公園の酒盛り」

 夜の公園に聞きなれない外国語が響く。ボソボソとか細い声もあれば、時折、談笑や大きな声も交じる。その合間に「プシュッ!」と、缶のプルタブを開ける音も聞こえてくる。

 浴衣姿でマゲを結っているから、彼らは力士だろう。しかし、その体形はお世辞にも立派とはいえず、身長が高いがためにことさら痩せて見えるのも中にはいた。

 ひとりが缶ビールをあおると、別の力士は紙コップについだウイスキーをチビチビとなめるようにして飲む。そしてため息をつきながら、短い言葉を漏らしていた。おそらくは「モンゴルに帰りたい」……。

 これは現在の光景ではない。モンゴル人力士が大勢来日した2000年前後、白鵬や日馬富士、鶴竜などが入門した当時の出来事だ。

 総武線両国駅から徒歩数分の場所にある両国公園。昼間は近隣の子供たちの声が絶えないこの公園は、当時、来日したばかりのモンゴル人力士たちにとっても憩いの場だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事