<第11回>ある新弟子の一日

公開日:  更新日:

 朝5時00分起床。兄弟子を起こしてはいけないため、目覚まし時計はセットしない。朝稽古の時間は部屋や時季によってまちまち。本場所中ならば5時から稽古をすることも珍しくない。日が昇るのが遅い冬場よりは、夏場の方が開始時間が早い。新弟子は朝稽古の準備のため、開始の1時間以上前には起きるのが普通だ。眠い目をこすりながら、土俵の周りを簡単に掃除する。

 6時半、稽古開始。この時間に動いているのは幕下以下の力士ばかり。幕内力士が稽古場に下りてくるのは大体8時以降だ。稽古中、親方から「今のは何だ!」と叱責が飛ぶ。部屋によっては、二日酔いで朝稽古の時間中は寝ているダメ親方もいる。それに比べればだいぶマシな方だろう。

 10時、稽古が終了し、風呂とちゃんこの時間になる。10年近く部屋に住んでいる三段目の先輩力士は稽古もそこそこに、ちゃんこの買い出し。前日は別の先輩力士がちゃんこを作っていたが、この新弟子は食事に関してはノータッチ。悪いと思って親方に「僕は手伝わなくてもいいんですか?」と聞くと、「ちゃんこより稽古に励め!」と言われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る