<第11回>ある新弟子の一日

公開日:  更新日:

 朝5時00分起床。兄弟子を起こしてはいけないため、目覚まし時計はセットしない。朝稽古の時間は部屋や時季によってまちまち。本場所中ならば5時から稽古をすることも珍しくない。日が昇るのが遅い冬場よりは、夏場の方が開始時間が早い。新弟子は朝稽古の準備のため、開始の1時間以上前には起きるのが普通だ。眠い目をこすりながら、土俵の周りを簡単に掃除する。

 6時半、稽古開始。この時間に動いているのは幕下以下の力士ばかり。幕内力士が稽古場に下りてくるのは大体8時以降だ。稽古中、親方から「今のは何だ!」と叱責が飛ぶ。部屋によっては、二日酔いで朝稽古の時間中は寝ているダメ親方もいる。それに比べればだいぶマシな方だろう。

 10時、稽古が終了し、風呂とちゃんこの時間になる。10年近く部屋に住んでいる三段目の先輩力士は稽古もそこそこに、ちゃんこの買い出し。前日は別の先輩力士がちゃんこを作っていたが、この新弟子は食事に関してはノータッチ。悪いと思って親方に「僕は手伝わなくてもいいんですか?」と聞くと、「ちゃんこより稽古に励め!」と言われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る