アギーレ解任に“及び腰”…協会内に渦巻く「責任回避」の思惑

公開日:  更新日:

「公益財団法人は言い換えれば公金を使っているということでしょう。八百長と言ったら、刑事罰が下る大問題じゃないですか。ハッキリしたことは言えないまでも、団体の幹部も経過くらいは国民にきちんと説明する義務がありますよ。なのにノーコメントというのは、いくらなんでも無責任ですね」

 作家の麻生千晶氏がこう指摘するように、今回のハビエル・アギーレ監督(56)の八百長疑惑は、単なるサッカーサークル内の問題にとどまらない。

 疑惑の人物を招聘して山ほどカネを払って日本代表監督に据えたサッカー協会はれっきとした公益財団法人。内閣府に公益性が高いと認定され、税制上の優遇措置を受けている団体だ。

 つまりサッカー協会には、結果として国民が額に汗して稼いだ税金の一部がつぎ込まれている。だからこそカネの使い方も含めて公明正大であるべき。いい加減なことは看過できないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る