<アジア杯現地リポート>アギーレ日本 “本番”で何が変わった

公開日:  更新日:

 アジア杯でアギーレ・ジャパンは、1次リーグD組を3戦全勝の首位で突破し、準々決勝でUAEと対戦する(日本時間23日午後6時半開始)。

 3試合で得点7。決定機は16回を数えた。3試合連続ゴールのFW本田圭佑(28)がポストに3回、クロスバーに1回当てて得点をフイにしてしまったが、この本田に限らず、日本にもっと決定力があれば、イラク戦でもヨルダン戦でも4、5点は取れていたはずだ。

 3試合無失点のDF陣の堅守ぶりは目立った。

 日本以外で韓国とイランも1次リーグを無失点で切り抜けたが、この2カ国は常に劣勢を強いられ、我慢に我慢を重ねてしのいだのに対して、日本はGK川島永嗣(31)がファインセーブを見せるようなピンチは皆無。相手が格下だったこともあるが、3試合とも失点に結びつくようなシーン=被決定機はゼロだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る