<アジア杯現地リポート>アギーレ日本 “本番”で何が変わった

公開日: 更新日:

 アジア杯でアギーレ・ジャパンは、1次リーグD組を3戦全勝の首位で突破し、準々決勝でUAEと対戦する(日本時間23日午後6時半開始)。

 3試合で得点7。決定機は16回を数えた。3試合連続ゴールのFW本田圭佑(28)がポストに3回、クロスバーに1回当てて得点をフイにしてしまったが、この本田に限らず、日本にもっと決定力があれば、イラク戦でもヨルダン戦でも4、5点は取れていたはずだ。

 3試合無失点のDF陣の堅守ぶりは目立った。

 日本以外で韓国とイランも1次リーグを無失点で切り抜けたが、この2カ国は常に劣勢を強いられ、我慢に我慢を重ねてしのいだのに対して、日本はGK川島永嗣(31)がファインセーブを見せるようなピンチは皆無。相手が格下だったこともあるが、3試合とも失点に結びつくようなシーン=被決定機はゼロだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

もっと見る