日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

信号調整、テレマーク… 欧米の“高梨イジメ”が始まった

 W杯ジャンプ女子の第5戦、第6戦が24、25日、ドイツ・オーベルストドルフで行われ、個人総合3連覇を目指す高梨沙羅(18)は3位、5位とふるわず、総合成績も2位に後退した。

 昨季は18戦して15勝と圧倒的な強さを見せたが、今季はノルウェーでの開幕戦は3位。10日、11日と札幌では連勝したものの、強風のため1回の飛躍で順位が決まった第4戦は7位だった。連続して表彰台の頂点を逃した高梨は、「しっくりきていない」と言ったが、技術の問題ではないかもしれない。

 スキー関係者が言う。
「ここ数年、高梨が無類の強さを誇ることで欧米での女子ジャンプ人気が落ち込んでいる。今季のW杯の試合数(計14試合)も昨季(18試合)に比べ4試合も減った。この先も高梨が勝ち星を伸ばせば欧米の女子ジャンプ人気はますます下がり、スポンサーも離れていく。ドイツ大会から最終戦(ノルウェー)まで続く欧州での試合では高梨を勝たせないよう、何かしらの“対策”を講じてくるのではないかと思っていたら、いきなりこの結果です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事