日体大に「飛び級」合格も…激化する大学の高梨沙羅“争奪戦”

公開日:  更新日:

 女子ジャンプの「女王」高梨沙羅(17)の「飛び級」での日体大合格のニュースはまたたく間にスポーツ界、大学界だけでなく、日本中を駆け巡った。W杯で欧州を転戦中の高梨はこの問題で具体的なコメントをしていないが、従来、高梨取りでは大学スキー名門である早大が一歩リード。同じ東海大が追撃しているといわれていた。そこに降って湧いたような「日体大合格」だ。

■日体大は両親の母校

 大学スポーツ界に詳しい関係者はこう言う。
「日体大は高梨の父親でスキー選手だった寛也さん(46)、剣道の有段者の母親千景さん(46)の母校。当然のことながら沙羅ちゃんの大学進学にも動いていた。日体大は松浪健四郎理事長が就任してから、トップ選手の獲得、ブランドイメージのアップに力を入れている。昨年の箱根駅伝で優勝したのもその成果でしょう。ただ、バンクーバー五輪代表のスピードスケートの高木美帆(19)はソチ五輪ではメンバーから漏れるなど鳴かず飛ばず。女子体操の田中理恵(26)も現役を引退した。目玉になる選手がいない状況です。それでOBでもある両親ともども沙羅ちゃんにアタック。今回の受験、合格につなげたのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る