アジア杯で低レベルの相手にてこずった長友佑都の「限界」

公開日:  更新日:

 アジア杯でベスト4入りを逃した日本代表。その事実は、とてつもなく重たい。DF長友佑都は27日、イタリアに旅立つ際にハッキリとこう言った。

「もっとレベルアップしないとW杯出場も難しくなる。自分でもすごい危機感を持っている」

 アジアのW杯出場枠は「4.5」(ブラジルW杯の場合はアジア5位と南米5位が大陸間プレーオフ)。UAEに準々決勝で負けて「4強」を逃すようでは、確かにW杯出場はおぼつかない。

「なぜ長友が悲愴感タップリに《危機感を持っている》と話したか。日本代表の行く末以上に“下り坂”に差し掛かった自分の将来に恐怖を覚えているからです」と話すのは某マスコミ関係者だ。

「ブラジルW杯で惨敗した後、本気で現役引退を口走った長友だが、何とか気を取り直し、完全復活の景気づけのためにもアジア杯連覇! と勇躍オーストラリアに乗り込んだ。ところが、思っていた以上に相手選手にてこずってしまった。マッチアップした選手の大半はレベルの低い自国リーグに所属し、名の通ったクラブの選手なんていない。名門インテルの選手が圧倒的な力の差を見せられず、ショックに打ちひしがれてしまった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る