アギーレ監督新疑惑究明にFIFAが“現場介入”の可能性

公開日: 更新日:

 八百長疑惑に揺れるアギーレ日本代表監督。連覇を達成して“汚名”を返上しようと臨んだアジア杯は、準々決勝のUAE戦に負けてベスト8止まり。いよいよ窮地に追い込まれるばかり――と思いきや「(3月開催の親善試合には)Jリーグから新戦力を呼びたい」とヤル気満々である。

「八百長の案件は、スペインの検察当局が告発した後、裁判所が受理したかどうか、公表しない方針ということもあり、日本サッカー協会は《受理が確認されたり、アギーレ監督に召喚状が届かない限りは解任か、それとも続投なのか、おいそれと決断するワケにはいかない》という立場を取っている。日本サッカー協会の大仁邦弥会長は、結論を先送りにするタイプ。アギーレ監督は八百長疑惑をノラリクラリとかわしながら、これからも日本代表監督として居座る腹積もりなのです」(マスコミ関係者)

 ところが、28日付の日刊スポーツが「新疑惑」「マネーロンダリングで裏金関与」「八百長シロでもアウト」「脱税疑惑にまで発展」と書き立て、一気に身辺が騒がしくなってきた。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る