アジア杯も不完全燃焼 FW岡崎慎司にちらつく「代表引退」

公開日: 更新日:

 岡崎慎司(28)にとって、今回のアジア杯は「まさに4度目の正直」だった。

 10年南アW杯前。1トップで起用されるたびに「どんなふうに動いたらいいのか分からなくなってパフォーマンスが低下した」(岡崎)。控えに降格。全4試合途中出場の不完全燃焼だった。

 11年1月、カタールで開催されたアジア杯。南アの屈辱を晴らそうと中東の地に乗り込んだ。

 1次リーグ3戦目に5―0で大勝したサウジアラビア戦でハットトリック! しかし、それ以外の試合は不発続き。優勝を素直に喜べなかった。

 ブンデスリーガ13―14年シーズンで15得点を決めた岡崎は「欧州を代表する点取り屋」「日本代表のエースストライカー」の称号を引っさげて14年ブラジルW杯の開幕を待った。しかし――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  2. 2

    相次ぐ噴火で火山灰蓄積…“災害級”冷夏の到来を専門家が指摘

  3. 3

    やはり“首相案件”「毎月勤労統計」賃金カサ上げのシナリオ

  4. 4

    良好な経済指標ズラリ 民主党政権は本当に“悪夢”だったか

  5. 5

    安倍首相イージス・アショア導入は「自宅から通えるから」

  6. 6

    嘘とごまかしだらけ…安倍化した日本はかなり劣化した

  7. 7

    結果が出る前に…安倍政権は沖縄県民投票“ガン無視”モード

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    陸自の特殊作戦群の創始者が語る「武」を放棄した国の哀れ

  10. 10

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

もっと見る