日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アジア杯も不完全燃焼 FW岡崎慎司にちらつく「代表引退」

 岡崎慎司(28)にとって、今回のアジア杯は「まさに4度目の正直」だった。

 10年南アW杯前。1トップで起用されるたびに「どんなふうに動いたらいいのか分からなくなってパフォーマンスが低下した」(岡崎)。控えに降格。全4試合途中出場の不完全燃焼だった。

 11年1月、カタールで開催されたアジア杯。南アの屈辱を晴らそうと中東の地に乗り込んだ。

 1次リーグ3戦目に5―0で大勝したサウジアラビア戦でハットトリック! しかし、それ以外の試合は不発続き。優勝を素直に喜べなかった。

 ブンデスリーガ13―14年シーズンで15得点を決めた岡崎は「欧州を代表する点取り屋」「日本代表のエースストライカー」の称号を引っさげて14年ブラジルW杯の開幕を待った。しかし――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事