最下位脱出へ ヤクルト再建の第一歩は「選手の意識改革」から

公開日: 更新日:

■コーチが選手に「声は出さなくていい」

 単なる放任でないことは、練習を見ていてもよくわかる。野手がキャッチボールをする前、三木作戦コーチは選手に「声は出さなくていい。体の確認、頭の整理をしながらやってくれ。心がけひとつでチームは変わる」と声をかけた。

「なぜこういう練習をするのか」という意図を選手に伝え、選手個々が自覚をして練習に臨めるように促しているのである。

 三木コーチは次のように説明する。

「うまい下手じゃなくて、練習をやる心構えが今のチームには大事。内野手と外野手がキャッチボールをやれば、どういう送球をすればいいのかと再確認するきっかけにもなる。去年までうまくいかなかったわけだし、自分で壁をつくるのではなくて、練習ひとつにしても、もっといい方法があるのではないかと考えながらやっていこうというのが監督の考える意識改革。僕自身も選手にとってヒントになるかもしれないと思ったことは、いろいろとやってみようと思います」

 2年連続最下位に低迷するくらいだから、チームも選手も未熟。意識改革はすぐに実を結ぶわけではないだろうが、それなくして上位浮上はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る