現役続行希望のDeNA中村紀 来季の「転職先」はあるのか

公開日: 更新日:

「“雑巾掛け”からやり直すつもりのようです」

 DeNAのチーム関係者が、中村紀洋(41)についてこう言う。中村は今季5月、ベンチの作戦に対してフェイスブックで反論。懲罰として二軍降格させられた。以降、一軍昇格はなし。冒頭の関係者によると、「今季限りでの解雇は決定的も、本人は現役続行を希望。二軍でも腐らずプレーしている」という。

 二軍では2打席程度で途中交代させられるなど、モチベーションを維持しづらい環境ながら、41試合出場で打率.292、1本塁打、9打点(20日現在)。DeNA首脳陣のひとりが明かす。

「40歳を越えても打撃技術は健在。三塁守備はバルディリスよりうまく、一塁守備も安定感がある。勝負強いから代打だけでもまだまだやれると思う。指導力もなかなかのものだ。打撃不振に悩む後藤に、『アゴを引け』とアドバイスしたら、復調して一軍でも大活躍した。ポジションが重なるライバルなのに丁寧に教えたから驚いた。本人も『来年は大幅ダウン(今季年俸5000万円)になっても現役を続けたい』と言ってるみたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る