現役続行希望のDeNA中村紀 来季の「転職先」はあるのか

公開日: 更新日:

「“雑巾掛け”からやり直すつもりのようです」

 DeNAのチーム関係者が、中村紀洋(41)についてこう言う。中村は今季5月、ベンチの作戦に対してフェイスブックで反論。懲罰として二軍降格させられた。以降、一軍昇格はなし。冒頭の関係者によると、「今季限りでの解雇は決定的も、本人は現役続行を希望。二軍でも腐らずプレーしている」という。

 二軍では2打席程度で途中交代させられるなど、モチベーションを維持しづらい環境ながら、41試合出場で打率.292、1本塁打、9打点(20日現在)。DeNA首脳陣のひとりが明かす。

「40歳を越えても打撃技術は健在。三塁守備はバルディリスよりうまく、一塁守備も安定感がある。勝負強いから代打だけでもまだまだやれると思う。指導力もなかなかのものだ。打撃不振に悩む後藤に、『アゴを引け』とアドバイスしたら、復調して一軍でも大活躍した。ポジションが重なるライバルなのに丁寧に教えたから驚いた。本人も『来年は大幅ダウン(今季年俸5000万円)になっても現役を続けたい』と言ってるみたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る