現役続行希望のDeNA中村紀 来季の「転職先」はあるのか

公開日:  更新日:

「“雑巾掛け”からやり直すつもりのようです」

 DeNAのチーム関係者が、中村紀洋(41)についてこう言う。中村は今季5月、ベンチの作戦に対してフェイスブックで反論。懲罰として二軍降格させられた。以降、一軍昇格はなし。冒頭の関係者によると、「今季限りでの解雇は決定的も、本人は現役続行を希望。二軍でも腐らずプレーしている」という。

 二軍では2打席程度で途中交代させられるなど、モチベーションを維持しづらい環境ながら、41試合出場で打率.292、1本塁打、9打点(20日現在)。DeNA首脳陣のひとりが明かす。

「40歳を越えても打撃技術は健在。三塁守備はバルディリスよりうまく、一塁守備も安定感がある。勝負強いから代打だけでもまだまだやれると思う。指導力もなかなかのものだ。打撃不振に悩む後藤に、『アゴを引け』とアドバイスしたら、復調して一軍でも大活躍した。ポジションが重なるライバルなのに丁寧に教えたから驚いた。本人も『来年は大幅ダウン(今季年俸5000万円)になっても現役を続けたい』と言ってるみたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る