• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アギーレ招聘の張本人が続投 サッカー協会の深刻な人材難

 お咎めなし、だった。

 6日に日本サッカー協会で開かれた臨時技術委員会。代表監督が八百長疑惑で解任という未曽有の事態を受け、霜田技術委員長(47)が中心になって、次期監督の選定について話し合った。

「きょうは各委員が監督候補者を持ち寄った。10人以上の候補者から、優先順位をつけたうえで、3人から5人に絞りました。交渉事ですから具体名は挙げられません」

 そう会見で話した霜田委員長は、解任されたアギーレ氏(56)を招聘した張本人。サッカー協会内にも、「原専務理事(56)―霜田委員長ラインでザッケローニ、アギーレを呼んできた。ザックはブラジルW杯で1勝も出来ず、八百長疑惑のアギーレはアジア杯8強止まり。2人の任命責任を問うべき」との声は強かったが、「すでにサッカー協会の大仁会長(70)が『霜田技術委員長続投』を打ち出し、原―霜田ラインはお咎めなしが既定路線。この日、次期監督も霜田委員長を中心に選定することが改めて確認されました」(協会事情通)というから、呆れた話である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る