• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アギーレ招聘の張本人が続投 サッカー協会の深刻な人材難

 お咎めなし、だった。

 6日に日本サッカー協会で開かれた臨時技術委員会。代表監督が八百長疑惑で解任という未曽有の事態を受け、霜田技術委員長(47)が中心になって、次期監督の選定について話し合った。

「きょうは各委員が監督候補者を持ち寄った。10人以上の候補者から、優先順位をつけたうえで、3人から5人に絞りました。交渉事ですから具体名は挙げられません」

 そう会見で話した霜田委員長は、解任されたアギーレ氏(56)を招聘した張本人。サッカー協会内にも、「原専務理事(56)―霜田委員長ラインでザッケローニ、アギーレを呼んできた。ザックはブラジルW杯で1勝も出来ず、八百長疑惑のアギーレはアジア杯8強止まり。2人の任命責任を問うべき」との声は強かったが、「すでにサッカー協会の大仁会長(70)が『霜田技術委員長続投』を打ち出し、原―霜田ラインはお咎めなしが既定路線。この日、次期監督も霜田委員長を中心に選定することが改めて確認されました」(協会事情通)というから、呆れた話である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る