アギーレ招聘の張本人が続投 サッカー協会の深刻な人材難

公開日:  更新日:

 お咎めなし、だった。

 6日に日本サッカー協会で開かれた臨時技術委員会。代表監督が八百長疑惑で解任という未曽有の事態を受け、霜田技術委員長(47)が中心になって、次期監督の選定について話し合った。

「きょうは各委員が監督候補者を持ち寄った。10人以上の候補者から、優先順位をつけたうえで、3人から5人に絞りました。交渉事ですから具体名は挙げられません」

 そう会見で話した霜田委員長は、解任されたアギーレ氏(56)を招聘した張本人。サッカー協会内にも、「原専務理事(56)―霜田委員長ラインでザッケローニ、アギーレを呼んできた。ザックはブラジルW杯で1勝も出来ず、八百長疑惑のアギーレはアジア杯8強止まり。2人の任命責任を問うべき」との声は強かったが、「すでにサッカー協会の大仁会長(70)が『霜田技術委員長続投』を打ち出し、原―霜田ラインはお咎めなしが既定路線。この日、次期監督も霜田委員長を中心に選定することが改めて確認されました」(協会事情通)というから、呆れた話である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る