「4人目外野手」イチロー マーリンズで出場増確実の裏事情

公開日: 更新日:

 その表情と言動の変化は、新天地での起用法と無関係ではない。「4人目の外野手」の位置付けについて本人が「去年5人目でしたから。それよりもずっといいです」と話すように、マーリンズでは出場機会が増える可能性が高いのだ。

■川崎や青木より高い「中継価値」

 カギになるのは日本のテレビ局。AP通信や地元紙「パームビーチ・ポスト」などが報じているように、日本のテレビ局が今シーズンのマーリンズ戦を年間90試合以上も中継することが濃厚になった。

 日本でのメジャー中継は地上波、BS、CSなどを合わせると約400試合。今シーズンのメジャー中継のおよそ4分の1が、マーリンズ戦で占められる計算になる。

 イチローの現在の立場はあくまで「4人目の外野手」。外野の主力3選手(スタントン、オズナ、イエリッチ)がケガでもしない限り、レギュラーとして毎日試合に出場するわけではない。それでも、田中将大(26=ヤンキース)やダルビッシュ(28=レンジャーズ)、岩隈久志(33=マリナーズ)らの投手に比べれば、野手であるイチローの方が出場試合数は多くなる。現在、イチロー以外のメジャー日本人野手はオフにロイヤルズから移籍した青木宣親(33=ジャイアンツ)とマイナー契約の川崎宗則(33=ブルージェイズ)ぐらい。2人の試合を中継するなら、控えでも3000本安打がかかり、新天地をフロリダのマイアミに求めたイチローの方がまだ「中継価値」はある。日本のテレビ局はそんなふうにソロバンをはじいて、マーリンズ戦を選択せざるを得なかったわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る