日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中日で正遊撃も マー君世代“最後の新人”遠藤一星の潜在能力

「中大に恥をかかせるんじゃねえ!」

 中日にドラフト7位で入団した遠藤一星(25)は中央大学3年の時、当時の監督だった高橋善正氏(70=野球評論家)にベンチ裏に呼び出され、こうこっぴどく叱られたことがある。高橋氏が振り返る。

「秋のリーグ戦だったかな。試合の序盤で遠藤が外角の球を見逃し三振して、あからさまに審判に不満そうな態度を取ったんだ。ベンチに戻ってきてもそれが続いて、ふてくされて遊撃の守備位置になかなか就こうとしない。駒場学園高の時からプロに注目されて、鼻っ柱が強い選手だったけれど、この時ばかりはおきゅうを据えなきゃいけないと思ってね。怒鳴り上げて試合中にそのまま、寮へ強制送還させたんだ」

 試合を終えて寮に戻ると、遠藤が自ら高橋氏の元に頭を下げにきたという。

「申し訳ありませんでした。心を入れ替えてやりますので、よろしくお願いいたします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事