中日で正遊撃も マー君世代“最後の新人”遠藤一星の潜在能力

公開日: 更新日:

「中大に恥をかかせるんじゃねえ!」

 中日ドラフト7位で入団した遠藤一星(25)は中央大学3年の時、当時の監督だった高橋善正氏(70=野球評論家)にベンチ裏に呼び出され、こうこっぴどく叱られたことがある。高橋氏が振り返る。

「秋のリーグ戦だったかな。試合の序盤で遠藤が外角の球を見逃し三振して、あからさまに審判に不満そうな態度を取ったんだ。ベンチに戻ってきてもそれが続いて、ふてくされて遊撃の守備位置になかなか就こうとしない。駒場学園高の時からプロに注目されて、鼻っ柱が強い選手だったけれど、この時ばかりはおきゅうを据えなきゃいけないと思ってね。怒鳴り上げて試合中にそのまま、寮へ強制送還させたんだ」

 試合を終えて寮に戻ると、遠藤が自ら高橋氏の元に頭を下げにきたという。

「申し訳ありませんでした。心を入れ替えてやりますので、よろしくお願いいたします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

  7. 7

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    「アノニマス」は香取慎吾ありき…物足りないテレ東らしさ

もっと見る