「最強遺伝子」計画…山本聖子の妊娠で“一族の野望”は最終章

公開日: 更新日:

 聖子も06年にハンドボール日本代表の永島英明(37)と結婚。翌年第1子を生んで昨年9月に離婚。今回、ダルの子供を授かったことで山本家の夢はさらに膨らんだ。

「郁栄さんは遺伝子を重視する人です。だから美憂は、サッカー選手の次は格闘家(エンセン井上・47)、3番目はソルトレークシティーから3大会連続で五輪に出たアルペンスキーの佐々木明(33)と一緒になった。運動神経が良く、強い男の遺伝子で子供をつくりたかったからです。そういう意味ではダルの遺伝子は最強です。あれだけの長身(196センチ)でも、バネと粘りのある体ですからね。20年の東京五輪には間に合わないが、男でも女でもいい。レスリングをやれば間違いなく金メダルですよ。他の個人競技に進んでも世界の頂点は狙えるでしょうね」(スポーツ界関係者)

 2人の交際がオープンになったとき郁栄氏は、週刊文春で「(ダルの父親の母国)イランはアジア圏でも(レスリングが)一番強い。遺伝子的にみたら、(ダルは)もう最高ですよ。才能というのは遺伝がベースだから。遺伝的な良さがない人がいくら努力しても、ある程度のところまでしかいけない」と語っていた。

「仮にアーセンがリオと東京で金メダルを逃しても、ダルと聖子のジュニアが一族の夢をかなえてくれますよ」と、前出関係者は自信満々に言うのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る