仁志敏久氏が語る激動の96年シーズン「メークドラマ」

公開日: 更新日:

 1996年、開幕ダッシュに失敗した長嶋巨人は、球宴前の7月6日に早くも自力優勝の可能性が消滅した。70試合を消化したこの時点で首位の広島との差は11.5ゲーム。スポーツ紙には「終戦」の文字が躍った。だが、札幌市円山球場で行われた3日後の7月9日の広島戦。巨人は二回の2死走者なしから、プロ野球タイ記録の9連続安打を放ち、一挙7点を奪って大勝する。ここから波に乗ったチームは逆転優勝。長嶋巨人は、この年の流行語大賞になった「メークドラマ」を成し遂げた。ルーキーとして9連続安打に名を連ねた仁志敏久氏が激動の96年シーズンを振り返る。

「あの9連打は7番の後藤さんの二塁打から始まって、8番の村田さん、9番の投手の斎藤さんが続き、1番のボクに打席が回ってきた。その時点では、よもやプロ野球記録になるまでヒットが続くとは思ってないから、重圧はなかった。ボクの中前打で満塁となって2番の川相さんが満塁本塁打。そこからまたヒットが連なり、後藤さんで終わった。ベンチの雰囲気? 盛り上がったことは覚えていますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る