仁志敏久氏が語る激動の96年シーズン「メークドラマ」

公開日:  更新日:

 1996年、開幕ダッシュに失敗した長嶋巨人は、球宴前の7月6日に早くも自力優勝の可能性が消滅した。70試合を消化したこの時点で首位の広島との差は11.5ゲーム。スポーツ紙には「終戦」の文字が躍った。だが、札幌市円山球場で行われた3日後の7月9日の広島戦。巨人は二回の2死走者なしから、プロ野球タイ記録の9連続安打を放ち、一挙7点を奪って大勝する。ここから波に乗ったチームは逆転優勝。長嶋巨人は、この年の流行語大賞になった「メークドラマ」を成し遂げた。ルーキーとして9連続安打に名を連ねた仁志敏久氏が激動の96年シーズンを振り返る。

「あの9連打は7番の後藤さんの二塁打から始まって、8番の村田さん、9番の投手の斎藤さんが続き、1番のボクに打席が回ってきた。その時点では、よもやプロ野球記録になるまでヒットが続くとは思ってないから、重圧はなかった。ボクの中前打で満塁となって2番の川相さんが満塁本塁打。そこからまたヒットが連なり、後藤さんで終わった。ベンチの雰囲気? 盛り上がったことは覚えていますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る