• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オシムも疑問符 「日本人代表監督」が誕生しない本当の理由

 日本代表次期監督に内定しているハリルホジッチ前アルジェリア代表監督(62)。サッカー協会技術委員会は元代表監督で同胞(ボスニア・ヘルツェゴビナ)のオシム氏に人選を相談した。

 そのオシム氏が共同通信社の取材に対して「日本では欧州の有名監督が求められている」と前置きした上で、「なぜ欧州で素晴らしい選手生活を送った日本の元選手を起用することを思いつかないのか」とコメントしている。

 技術委員会は新監督の条件として「W杯などレベルの高い舞台で采配を振った経験」を挙げた。日本人指導者で該当者は98年フランス、10年南アW杯で指揮を執り、南アでベスト16入りした岡田武史氏しかいない。今後、指導者として期待され「欧州で素晴らしい選手生活を送った元選手」は中田英寿(元ローマ)、現横浜Mの中村俊輔(元セルティック)くらいしかいないが、この2人は代表監督に必要なS級ライセンスを保持しておらず、ポスト・アギーレになり得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る