オシムも疑問符 「日本人代表監督」が誕生しない本当の理由

公開日:  更新日:

 日本代表次期監督に内定しているハリルホジッチ前アルジェリア代表監督(62)。サッカー協会技術委員会は元代表監督で同胞(ボスニア・ヘルツェゴビナ)のオシム氏に人選を相談した。

 そのオシム氏が共同通信社の取材に対して「日本では欧州の有名監督が求められている」と前置きした上で、「なぜ欧州で素晴らしい選手生活を送った日本の元選手を起用することを思いつかないのか」とコメントしている。

 技術委員会は新監督の条件として「W杯などレベルの高い舞台で采配を振った経験」を挙げた。日本人指導者で該当者は98年フランス、10年南アW杯で指揮を執り、南アでベスト16入りした岡田武史氏しかいない。今後、指導者として期待され「欧州で素晴らしい選手生活を送った元選手」は中田英寿(元ローマ)、現横浜Mの中村俊輔(元セルティック)くらいしかいないが、この2人は代表監督に必要なS級ライセンスを保持しておらず、ポスト・アギーレになり得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る