全米準優勝で3億円 錦織が「世界4位」で手にするボーナス額

公開日:  更新日:

 2日に男子プロテニス協会(ATP)が発表した世界ランキングで自己最高位の4位にランクインされた錦織圭(25)。現行制度による日本勢の4位は95年のクルム伊達(44)以来だ。

 ランキングは毎週変更される。現在の順位を維持できるかは本人の今後の活躍次第とはいえ、一時的であるにせよ世界4位に入ったメリットはないのか。

 ある広告代理店関係者によれば「一番大きいのは契約しているスポンサーからの多額のボーナスでしょう」とこう続ける。

「基本的にテニスのトップ選手は、企業とスポンサー契約を交わす際に細かいインセンティブ(出来高ボーナス)を結んでいます。例えば、4大大会優勝やそれに準ずる成績というのはもちろんのこと、『ランキングトップ10内』や、『ATPファイナル出場(世界ランク8位以内)』という項目なども含まれる。錦織選手もおそらくこうした細かい契約を結んでいるでしょうから、世界4位に入った時点で、各企業から何らかのボーナスを得るはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る