全米準優勝で3億円 錦織が「世界4位」で手にするボーナス額

公開日: 更新日:

 2日に男子プロテニス協会(ATP)が発表した世界ランキングで自己最高位の4位にランクインされた錦織圭(25)。現行制度による日本勢の4位は95年のクルム伊達(44)以来だ。

 ランキングは毎週変更される。現在の順位を維持できるかは本人の今後の活躍次第とはいえ、一時的であるにせよ世界4位に入ったメリットはないのか。

 ある広告代理店関係者によれば「一番大きいのは契約しているスポンサーからの多額のボーナスでしょう」とこう続ける。

「基本的にテニスのトップ選手は、企業とスポンサー契約を交わす際に細かいインセンティブ(出来高ボーナス)を結んでいます。例えば、4大大会優勝やそれに準ずる成績というのはもちろんのこと、『ランキングトップ10内』や、『ATPファイナル出場(世界ランク8位以内)』という項目なども含まれる。錦織選手もおそらくこうした細かい契約を結んでいるでしょうから、世界4位に入った時点で、各企業から何らかのボーナスを得るはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る