相撲協会新人事 「肩書6個」貴乃花親方に課せられた“特命”

公開日:  更新日:

 名刺がとんでもないことになりそうだ。
 3日の理事会で決定した、日本相撲協会人事。中でも目を引いたのが貴乃花理事(41=元横綱)だ。

 なにせ、総合企画部長、指導普及部長、危機管理部長、生活指導部長、監察委員長、博物館運営委員と6個もの肩書がついた。

 現役時代にガチンコ相撲を貫き通した貴乃花親方は「協会の切り札」といわれ、将来の理事長候補でもある。それだけに北の湖理事長(60=元横綱)は「いろいろな面からあらゆる仕事を覚えてほしい」と話したが、あまりにも肩書が多すぎないか。

 ある角界OBは「ほとんどが箔(はく)付けですよ」とこう言う。
「実際の仕事は総合企画部長くらい。大阪場所部長時代は吉本新喜劇に出たり、着物で握手会などをしていた。それと同じように、国技館での本場所をアピールすることがメーンになります。他はほぼ役職だけでしょう。指導普及部長はアマチュア相撲大会の表彰や相撲講習が主で、それも要請に応じて担当親方が現場に赴く程度。生活指導部長だって、力士が問題を起こした時に呼び出して注意したり、講習会を行うくらいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る