日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

席あまり、TVも見放す 寄せ集め「侍ジャパン」のドッチラケ

 今月10日、11日に東京ドームで行われる侍ジャパンの強化試合(対欧州代表)はドッチラケになりそうだ。

 通常、野球やサッカーの「代表戦」は注目度が高まるもの。それが今回の試合は、ユニホーム付きの限定席を除くほぼ全券種で売れ残り(6日時点)がある。そもそも欧州は野球のレベルが高くない。4日には「欧州代表の投打の主軸」といわれたソフトバンクのバンデンハーク(29)と元楽天のA・ジョーンズ(37)の欠場も発表された。

 これには10日の試合を地上波で放送する予定のTBS関係者も真っ青になった。「ゴールデンタイムで放送した昨年の日米野球ですら地上波の視聴率は全6試合で1ケタ台(平均視聴率6.2%)でしたから。今回は社内でも『日本は相手が弱くて大勝するだろうが、視聴率は深夜の通販番組並みの1~2%という歴史的な低調に終わるんじゃないか』という声まで出ています」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事