プロ野球開幕直前に「侍J」強化試合 12球団が大ブーイング

公開日:  更新日:

「WBCならまだしも、開幕直前にケガでもしたらどうするの?」

 パ球団の首脳陣の一人も困惑しきりだった。

 日本野球機構(NPB)の熊崎コミッショナーが去る5日、侍ジャパンが3月10、11日に東京ドームで欧州選抜と強化試合を行う方向で調整していると明かした。20年東京五輪での野球・ソフトボール復活に向けたアピールの狙いもあるのだが、早くも関係者からはこんな意見が出ている。

「当初はキューバを日本に呼んで試合をする予定だったが、金銭面などで調整がつかず、欧州選抜となったようだ。とはいえ、欧州出身のメジャーリーガーは参加しないことが決定的だし、オランダ出身のジョーンズ(楽天)、イタリア出身のマエストリ(オリックス)らがメンバー入りするかどうかといったところ。目玉になる選手がいない欧州選抜相手で、かつ客入りが期待できない平日開催。2カ月前になろうというのにいまだ正式発表できていないのも後手を踏んでいる。全体的に盛り上がりに欠けるため、大した収益を得られるとは思えません」(代理店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る