プロ野球開幕直前に「侍J」強化試合 12球団が大ブーイング

公開日: 更新日:

「WBCならまだしも、開幕直前にケガでもしたらどうするの?」

 パ球団の首脳陣の一人も困惑しきりだった。

 日本野球機構(NPB)の熊崎コミッショナーが去る5日、侍ジャパンが3月10、11日に東京ドームで欧州選抜と強化試合を行う方向で調整していると明かした。20年東京五輪での野球・ソフトボール復活に向けたアピールの狙いもあるのだが、早くも関係者からはこんな意見が出ている。

「当初はキューバを日本に呼んで試合をする予定だったが、金銭面などで調整がつかず、欧州選抜となったようだ。とはいえ、欧州出身のメジャーリーガーは参加しないことが決定的だし、オランダ出身のジョーンズ(楽天)、イタリア出身のマエストリ(オリックス)らがメンバー入りするかどうかといったところ。目玉になる選手がいない欧州選抜相手で、かつ客入りが期待できない平日開催。2カ月前になろうというのにいまだ正式発表できていないのも後手を踏んでいる。全体的に盛り上がりに欠けるため、大した収益を得られるとは思えません」(代理店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る