プロ野球開幕直前に「侍J」強化試合 12球団が大ブーイング

公開日:  更新日:

「WBCならまだしも、開幕直前にケガでもしたらどうするの?」

 パ球団の首脳陣の一人も困惑しきりだった。

 日本野球機構(NPB)の熊崎コミッショナーが去る5日、侍ジャパンが3月10、11日に東京ドームで欧州選抜と強化試合を行う方向で調整していると明かした。20年東京五輪での野球・ソフトボール復活に向けたアピールの狙いもあるのだが、早くも関係者からはこんな意見が出ている。

「当初はキューバを日本に呼んで試合をする予定だったが、金銭面などで調整がつかず、欧州選抜となったようだ。とはいえ、欧州出身のメジャーリーガーは参加しないことが決定的だし、オランダ出身のジョーンズ(楽天)、イタリア出身のマエストリ(オリックス)らがメンバー入りするかどうかといったところ。目玉になる選手がいない欧州選抜相手で、かつ客入りが期待できない平日開催。2カ月前になろうというのにいまだ正式発表できていないのも後手を踏んでいる。全体的に盛り上がりに欠けるため、大した収益を得られるとは思えません」(代理店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る