日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神が育成選手レンタル BC福井トップが語る「両者の思惑」

 今後は増えることになるのか。
 阪神が今シーズンから育成選手を独立リーグのBCリーグ・福井ミラクルエレファンツ(BC福井)に派遣するという。

 7日時点でチームが派遣候補選手として挙げているのは田面巧二郎(24)と佐村・トラヴィス・幹久(21)の2人の投手。早ければ来週中にも正式契約を交わすようで、決定すれば阪神は初めて独立リーグに選手を「レンタル移籍」させることになる。

 日本野球機構(NPB)とBCリーグは育成選手に限って「出場機会を増やすため」に選手派遣を許可している。すでに広島、オリックスが同制度を利用。今度は人気球団の「参戦」であるが、受け入れる側にはどんな「恩恵」があるのか。

 BC福井に問い合わせると、新谷隆美代表取締役社長が対応。
「我々は一昨年のオリックスに次いで2度目の受け入れになりますが、今回もお互いにメリットがあります」と言って、次のように説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事