• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神ドラ2右腕・石崎が7奪三振好投 開幕ローテ入り見えた

「ストレートで三振が取れて自信がつきます」

 3日、阪神のドラフト2位・石崎剛(25=新日鉄住金鹿島)は、主力がズラリと並んだソフトバンク打線相手に5回6安打無失点。毎回の7三振を奪った。

 プロ入り前の評判はあまり良くなかった。

「ストレートは球威があってブルペンでは目立つと思う。しかし、コントロールはアバウト。球威に自信があるからか、イケイケドンドンのタイプで、丁寧に投げる繊細さに欠けた。スライダーは投げるが、これという勝負球がない。社会人時代は、カウントを悪くして打たれるケースもあった。先発というより、中継ぎタイプじゃないか」

 某球団の関東担当スカウトは以前、こんなことを言っていた。

 まだオープン戦の段階とはいえ、そんな「前評判」を覆す好投だった。武器であるストレートは150キロを超え、課題とされた変化球は、斐紹からチェンジアップで空振り三振を奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る