阪神ドラ2右腕・石崎が7奪三振好投 開幕ローテ入り見えた

公開日: 更新日:

「ストレートで三振が取れて自信がつきます」

 3日、阪神ドラフト2位・石崎剛(25=新日鉄住金鹿島)は、主力がズラリと並んだソフトバンク打線相手に5回6安打無失点。毎回の7三振を奪った。

 プロ入り前の評判はあまり良くなかった。

「ストレートは球威があってブルペンでは目立つと思う。しかし、コントロールはアバウト。球威に自信があるからか、イケイケドンドンのタイプで、丁寧に投げる繊細さに欠けた。スライダーは投げるが、これという勝負球がない。社会人時代は、カウントを悪くして打たれるケースもあった。先発というより、中継ぎタイプじゃないか」

 某球団の関東担当スカウトは以前、こんなことを言っていた。

 まだオープン戦の段階とはいえ、そんな「前評判」を覆す好投だった。武器であるストレートは150キロを超え、課題とされた変化球は、斐紹からチェンジアップで空振り三振を奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  8. 8

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

もっと見る