阪神ドラ2右腕・石崎が7奪三振好投 開幕ローテ入り見えた

公開日: 更新日:

「ストレートで三振が取れて自信がつきます」

 3日、阪神のドラフト2位・石崎剛(25=新日鉄住金鹿島)は、主力がズラリと並んだソフトバンク打線相手に5回6安打無失点。毎回の7三振を奪った。

 プロ入り前の評判はあまり良くなかった。

「ストレートは球威があってブルペンでは目立つと思う。しかし、コントロールはアバウト。球威に自信があるからか、イケイケドンドンのタイプで、丁寧に投げる繊細さに欠けた。スライダーは投げるが、これという勝負球がない。社会人時代は、カウントを悪くして打たれるケースもあった。先発というより、中継ぎタイプじゃないか」

 某球団の関東担当スカウトは以前、こんなことを言っていた。

 まだオープン戦の段階とはいえ、そんな「前評判」を覆す好投だった。武器であるストレートは150キロを超え、課題とされた変化球は、斐紹からチェンジアップで空振り三振を奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る