初登板で好投も…ヤンキースに募る田中将「肘痛再発」不安

公開日: 更新日:

 キャッシュマンGMは口にこそ出さなかったものの、患部の状態をコントロールできないからこそ「早く肘にメスを入れて我々を安心させて欲しい」というのが本音ではないか。

■PRP療法から再発、長期離脱のケースも

 田中は昨年、トミー・ジョン手術ではなく、再生治療であるPRP療法を選択した。これは組織の治癒力を促すもので、断裂した靱帯を完全に修復するものではない。実戦に復帰して故障前と同様に投げられるようになったからといって、患部が完治したわけではないのだ。

 実際に、田中と同じPRP療法を受けた投手で再発したケースは少なくない。フィリーズのサイ・ヤング賞左腕クリフ・リー(36)は昨年8月に左肘靱帯部分断裂で再生治療を受けたが、今春のキャンプで再発し、開幕絶望。今季、フィリーズのローテーションを担う右腕のチャド・ビリングズリー(30)はドジャース時代の12年9月にPRP療法を受けたものの、翌13年の開幕直後に再び、痛めた。結局、メスを入れ、13、14年は全休を強いられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  10. 10

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る