ソフトバンクの「ベンチ漏れ」投手陣に阪神が“垂涎”の理由

公開日: 更新日:

「投手が狙い目だよな」

 某球団の編成がソフトバンクについてこう言っている。

「いくら投手は何人いてもいい、とは言っても、特に先発投手はうなるほどいるからね。開幕投手の摂津をはじめ、松坂、スタンリッジ、大隣がいて、飯田、武田という若手も芽が出てきた。中堅どころの大場、巽なんて一軍で出番があるかどうかもあやしいくらい。その大場、巽あたりを狙っている球団はウチを含めて少なくない。中でも阪神が熱心だと聞いているよ」

 阪神といえば、メッセンジャー、能見、藤浪、岩田の4人の開幕ローテ入りが決定的。5、6番手の椅子をめぐって、2年目の岩崎、若手の岩本、新人の石崎(新日鉄住金鹿島)もアピール中だ。

「ただ、この先発4人衆以外はこれという実績はないし、中継ぎの福原が故障するなど、リリーフも手薄だ。昨季のチーム防御率はリーグ5位の3.88と低迷したこともあり、球団創設80周年で是が非でも優勝したい球団としては、特に投手陣の強化に力を入れているのです」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る