錦織逆転で大会初の4回戦進出 勝因は「1stサーブ得点率」

公開日:  更新日:

 テニスのマスターズ大会今季初戦、BNPパリバ・オープン6日目は16日(日本時間17日未明)、男子シングルス3回戦で第5シードで世界ランキング5位の錦織圭(25)が同31位のフェルナンド・ベルダスコ(31=スペイン)と対戦。6-7、6-1、6-4で逆転勝ちし、同大会初の4回戦進出を決めた。

 過去2度の対戦で2敗を喫している左打ちのベテラン相手に第1セットは左右に揺さぶられ、サービスゲームをキープするのがやっと。タイブレークまでもつれ、先にブレークチャンスを得ながら、角度のあるサーブに対応できず、このセットを落とした。

 それでも第2セットは主導権を奪い返す。右足を故障したベテランを容赦なく攻め立て、一気に5ゲームを連取してタイに戻した。最終セットは5-4とリードして迎えた第10ゲームで連続ダブルフォールト。自らピンチを招いたが、最後は巻き返し、フォアハンドで粘る相手を振り切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る