錦織逆転で大会初の4回戦進出 勝因は「1stサーブ得点率」

公開日: 更新日:

 テニスのマスターズ大会今季初戦、BNPパリバ・オープン6日目は16日(日本時間17日未明)、男子シングルス3回戦で第5シードで世界ランキング5位の錦織圭(25)が同31位のフェルナンド・ベルダスコ(31=スペイン)と対戦。6-7、6-1、6-4で逆転勝ちし、同大会初の4回戦進出を決めた。

 過去2度の対戦で2敗を喫している左打ちのベテラン相手に第1セットは左右に揺さぶられ、サービスゲームをキープするのがやっと。タイブレークまでもつれ、先にブレークチャンスを得ながら、角度のあるサーブに対応できず、このセットを落とした。

 それでも第2セットは主導権を奪い返す。右足を故障したベテランを容赦なく攻め立て、一気に5ゲームを連取してタイに戻した。最終セットは5-4とリードして迎えた第10ゲームで連続ダブルフォールト。自らピンチを招いたが、最後は巻き返し、フォアハンドで粘る相手を振り切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  4. 4

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  7. 7

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  8. 8

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る