レフティーに苦戦予想も…錦織圭の3回戦は“仮想ナダル”

公開日:  更新日:

 対策は万全なのか。

 日本時間15日のBNPパリバ・オープン(米インディアンウェルズ)2回戦でストレート勝ちした世界ランク5位の錦織圭(25)。17日に予定される3回戦の相手は世界ランク31位のベルダスコ(31=スペイン)に決まっているが、欧米メディアの一部は早くも錦織の苦戦を予想している。過去2試合の対戦でいずれも黒星を喫した「左利き選手」だからだ。

 テニス界では圧倒的に多い右利きより左利きの方が有利といわれる。例えば、左利きの選手が普通にサーブを打つだけで右利きのバックサイドへボールが打ち込める。ラリーも同様で、錦織にとっては片手で打てるフォア側より、両手打ちで打球へのリーチも短くなるバック側を攻められる方が返しづらくなる。現在世界ランク3位のレフティー、ナダル(28=スペイン)はその「利点」を生かし、強豪選手にのし上がってきたといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る