レフティーに苦戦予想も…錦織圭の3回戦は“仮想ナダル”

公開日: 更新日:

 対策は万全なのか。

 日本時間15日のBNPパリバ・オープン(米インディアンウェルズ)2回戦でストレート勝ちした世界ランク5位の錦織圭(25)。17日に予定される3回戦の相手は世界ランク31位のベルダスコ(31=スペイン)に決まっているが、欧米メディアの一部は早くも錦織の苦戦を予想している。過去2試合の対戦でいずれも黒星を喫した「左利き選手」だからだ。

 テニス界では圧倒的に多い右利きより左利きの方が有利といわれる。例えば、左利きの選手が普通にサーブを打つだけで右利きのバックサイドへボールが打ち込める。ラリーも同様で、錦織にとっては片手で打てるフォア側より、両手打ちで打球へのリーチも短くなるバック側を攻められる方が返しづらくなる。現在世界ランク3位のレフティー、ナダル(28=スペイン)はその「利点」を生かし、強豪選手にのし上がってきたといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る