鮮烈3回転半でSP歴代3位 トゥクタミシェワに4回転の期待

公開日: 更新日:

 ロシアのプリンセス候補が圧巻の演技を披露した。フィギュアスケート世界選手権(中国・上海)で大技を決めたエリザベート・トゥクタミシェワ(18)だ。

 26日の女子ショートプログラム(SP)の冒頭でトリプルアクセルを成功させ、会場の度肝を抜いた。短い助走から高く跳び上がると、力強い着氷。出来栄え点で1.57が加点されるレベルの高い3回転半を披露した。国際スケート連盟(ISU)によれば、世界選手権でこの大技を決めた女子は伊藤みどり、中野友加里、浅田真央らに次いで6人目だという。

 演技後半には連続3回転トーループを決めて77.62点をマーク。浅田、金妍児(韓国)に次ぐSP歴代3位となる高得点を得たトゥクタミシェワは「着氷する確率は五分五分だったけど、挑んだことが報われた」と笑顔を見せた。

 ジュニア時代から将来を嘱望され、ソチ五輪でのメダル取りが期待されながら、減量に失敗して代表から落選。トリノ五輪男子金メダリストのプルシェンコを育てたアレクセイ・ミーシン・コーチの指導でジャンプに磨きをかけたそうだ。今季のGPファイナル、欧州選手権覇者のトゥクタミシェワには早くも4回転成功の期待が高まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る