鮮烈3回転半でSP歴代3位 トゥクタミシェワに4回転の期待

公開日:  更新日:

 ロシアのプリンセス候補が圧巻の演技を披露した。フィギュアスケート世界選手権(中国・上海)で大技を決めたエリザベート・トゥクタミシェワ(18)だ。

 26日の女子ショートプログラム(SP)の冒頭でトリプルアクセルを成功させ、会場の度肝を抜いた。短い助走から高く跳び上がると、力強い着氷。出来栄え点で1.57が加点されるレベルの高い3回転半を披露した。国際スケート連盟(ISU)によれば、世界選手権でこの大技を決めた女子は伊藤みどり、中野友加里、浅田真央らに次いで6人目だという。

 演技後半には連続3回転トーループを決めて77.62点をマーク。浅田、金妍児(韓国)に次ぐSP歴代3位となる高得点を得たトゥクタミシェワは「着氷する確率は五分五分だったけど、挑んだことが報われた」と笑顔を見せた。

 ジュニア時代から将来を嘱望され、ソチ五輪でのメダル取りが期待されながら、減量に失敗して代表から落選。トリノ五輪男子金メダリストのプルシェンコを育てたアレクセイ・ミーシン・コーチの指導でジャンプに磨きをかけたそうだ。今季のGPファイナル、欧州選手権覇者のトゥクタミシェワには早くも4回転成功の期待が高まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る