鮮烈3回転半でSP歴代3位 トゥクタミシェワに4回転の期待

公開日:  更新日:

 ロシアのプリンセス候補が圧巻の演技を披露した。フィギュアスケート世界選手権(中国・上海)で大技を決めたエリザベート・トゥクタミシェワ(18)だ。

 26日の女子ショートプログラム(SP)の冒頭でトリプルアクセルを成功させ、会場の度肝を抜いた。短い助走から高く跳び上がると、力強い着氷。出来栄え点で1.57が加点されるレベルの高い3回転半を披露した。国際スケート連盟(ISU)によれば、世界選手権でこの大技を決めた女子は伊藤みどり、中野友加里、浅田真央らに次いで6人目だという。

 演技後半には連続3回転トーループを決めて77.62点をマーク。浅田、金妍児(韓国)に次ぐSP歴代3位となる高得点を得たトゥクタミシェワは「着氷する確率は五分五分だったけど、挑んだことが報われた」と笑顔を見せた。

 ジュニア時代から将来を嘱望され、ソチ五輪でのメダル取りが期待されながら、減量に失敗して代表から落選。トリノ五輪男子金メダリストのプルシェンコを育てたアレクセイ・ミーシン・コーチの指導でジャンプに磨きをかけたそうだ。今季のGPファイナル、欧州選手権覇者のトゥクタミシェワには早くも4回転成功の期待が高まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る