日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織2年連続8強 相手は初対戦208センチのイズナー

 69分の圧勝劇だった。テニスのマイアミ・オープン男子単4回戦(日本時間1日未明、米フロリダ州)で第4シードの錦織圭(25、世界ランク5位)はベルギーの第18シードのダビド・ゴフィン(24、同20位)に6-1、6-2でストレート勝ち。2年連続で8強入りを決めた。

 4回戦の相手はサーブもストロークもネットプレーもいいというオールラウンドプレーヤー。錦織と似たタイプの選手。ビッグサーバーやサウスポーといったやや苦手とする相手ではない。となれば力の差は明らか。

 第1セットは1-1から錦織が5ゲーム連取して6-1。第2セットは1、2ゲームこそゴフィンに取られたが、第3ゲームをブレークバックすると、6ゲーム連取。第7ゲームでは0-30から錦織が連続してリターンエース。動揺したゴフィンがダブルフォールト。相手に向かった流れを引き戻し、ブレークした。8ゲームはジュースにもつれたが、3本のサービスエースに最後はバックのウイナーで勝負を決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事