いよいよ船出のハリル日本 “構想外”に浮上する常連の名前

公開日: 更新日:

 ハリルホジッチ日本代表新監督の構想からベテランMF遠藤保仁(35)が外れたことは、他の常連メンバーにも波紋を呼んだ。決して少なくない選手が「明日は我が身」とビビったのである。

 そもそもハリルホジッチは選手全員に運動量を求め、ピッチ上を縦横無尽に走り回り、90分間ハードワークのできる選手を選ぶタイプ。そうなると今後、ハリルホジッチ構想から外れるのは「年齢的に衰えてきた選手」「ケガがちな選手」というコトになる。ブラジルW杯のレギュラー組で遠藤に次いで構想外になるのは一体、誰なのか? 「今合宿を持病の右太もも痛で回避した左サイドバックの長友佑都です」と、あるサッカージャーナリストが続ける。

「彼はセリエAで何度も左膝を痛め、戦列を離れている。タフなイタリアサッカーに揉まれて満身創痍です。所属のインテルの放出リストに載っているという現地報道が相次いでいるのも、ケガ続きで戦力として計算が立たないから。今のままでは試合勘も失われていき、安泰だった日本代表左サイドバックのレギュラーの座も危うい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

もっと見る