ハリル采配“絶賛報道”に釜本氏違和感も 宇佐美、川又を評価

公開日: 更新日:

 アギーレ前監督が、前代未聞の八百長疑惑で解任された後である。それだけに後を託されたハリルホジッチ監督の一挙手一投足に大きな注目が集まった。初采配となったチュニジア戦(3月27日)を2-0でモノにし、この日(31日)はアジア大陸のライバル・ウズベキスタンを迎え撃った。

 5-1というスコア自体、ケチのつけようのないモノである。それも先制点のMF青山敏弘(29=代表8試合目)、4点目のFW宇佐美貴史(22=代表2試合目)、5点目のFW川又堅碁(25=代表2試合目)が「代表初ゴール」である。

 国際Aマッチで5ゴールが決まり、そのうちの3点は代表に馴染みのない選手が立て続けにゴールを奪う。そうそうあることではない。

 するとテレビ・新聞が「ハリル監督の用兵ズバリ」「絶妙采配」ともろ手を上げながら褒め称えている。これには「もっと冷静になるべき」と言わせてもらいたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  7. 7

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  8. 8

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  9. 9

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る