ハリル采配“絶賛報道”に釜本氏違和感も 宇佐美、川又を評価

公開日:  更新日:

 アギーレ前監督が、前代未聞の八百長疑惑で解任された後である。それだけに後を託されたハリルホジッチ監督の一挙手一投足に大きな注目が集まった。初采配となったチュニジア戦(3月27日)を2-0でモノにし、この日(31日)はアジア大陸のライバル・ウズベキスタンを迎え撃った。

 5-1というスコア自体、ケチのつけようのないモノである。それも先制点のMF青山敏弘(29=代表8試合目)、4点目のFW宇佐美貴史(22=代表2試合目)、5点目のFW川又堅碁(25=代表2試合目)が「代表初ゴール」である。

 国際Aマッチで5ゴールが決まり、そのうちの3点は代表に馴染みのない選手が立て続けにゴールを奪う。そうそうあることではない。

 するとテレビ・新聞が「ハリル監督の用兵ズバリ」「絶妙采配」ともろ手を上げながら褒め称えている。これには「もっと冷静になるべき」と言わせてもらいたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る