マスコミ報道やカメラ写りも熟知 ハリル監督は天賦の“策士”

公開日:  更新日:

 初陣となったチュニジア戦(3月27日)勝利の効果は抜群だった。

 ハリルホジッチ監督の采配2試合目ウズベキスタン戦(31日)のテレビ視聴率は2.8ポイントアップの16.3%を記録。ブラジルW杯とアジア杯の惨敗、前監督の八百長疑惑解任と逆風にさらされた日本サッカー協会関係者は安堵のタメ息を漏らし、初の代表冠スポンサーになったJAL、中継局の日本テレビは大喜びである。

 好視聴率は“ハリルホジッチ監督人気”に負うところも大きかった。

 3月13日に来日。19日には代表メンバーを発表し、23日から大分合宿を張った。短期間で日本選手の特徴を把握。チュニジア戦、ウズベキスタン戦ともに複数の代表ルーキーを先発させ、招集したFW、MF、DF計27人全員を起用し、2試合とも完勝してみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る