• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マスターズ18位発進の松山 初日のパット不調が“致命傷”のワケ

 日本勢唯一の出場となった松山英樹(23)は4バーディー、3ボギーの1アンダー18位タイ発進となった。

 直前は2週連続米ツアーを欠場して休養たっぷり。ところが、メジャー初戦に向けての調整は「?」だ。大会前に「いかにリカバリーできるか。ショートゲームがカギになる」と語っていたが、パットが決まらなかった。

 2番1.5メートル、3番3メートル、7番3メートルのバーディーチャンスにつけるもカップに入らない。

 4番パー3でグリーンの外からパターで8メートルを入れて、初のバーディーを奪うものの、続く5番パー4では返しの1メートルのパーパットを外し、3パットボギー。6番パー3で下りの4メートルのパットを入れてすぐに取り戻した。

 前半は9番パー4でパトロンをわかせた。2打目をピン上5メートルに落とすと、傾斜とバックスピンで1.5メートルまで寄せて3つ目のバーディー。さらに折り返してアーメンコーナー上がりの13番パー5ではグリーン奥バンカーからピンそば30センチにつけ、4つ目のバーディーを決めて、この時点で3アンダー。上位グループにつけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る