マスターズ18位発進の松山 初日のパット不調が“致命傷”のワケ

公開日:  更新日:

 日本勢唯一の出場となった松山英樹(23)は4バーディー、3ボギーの1アンダー18位タイ発進となった。

 直前は2週連続米ツアーを欠場して休養たっぷり。ところが、メジャー初戦に向けての調整は「?」だ。大会前に「いかにリカバリーできるか。ショートゲームがカギになる」と語っていたが、パットが決まらなかった。

 2番1.5メートル、3番3メートル、7番3メートルのバーディーチャンスにつけるもカップに入らない。

 4番パー3でグリーンの外からパターで8メートルを入れて、初のバーディーを奪うものの、続く5番パー4では返しの1メートルのパーパットを外し、3パットボギー。6番パー3で下りの4メートルのパットを入れてすぐに取り戻した。

 前半は9番パー4でパトロンをわかせた。2打目をピン上5メートルに落とすと、傾斜とバックスピンで1.5メートルまで寄せて3つ目のバーディー。さらに折り返してアーメンコーナー上がりの13番パー5ではグリーン奥バンカーからピンそば30センチにつけ、4つ目のバーディーを決めて、この時点で3アンダー。上位グループにつけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る