“祝”国交正常化 キューバ嬢との夜はこんなに情熱的だ

公開日:  更新日:

 キューバ危機から約半世紀。米国とキューバが国交正常化に向けて動き出した。禁輸措置などで厳しい経済状況に置かれていたキューバ国民は大喜びらしいが、ラテン系の女が大好きなニッポン男児にも朗報だ。

「キューバに渡るには日本から米国→メキシコと乗り継いで丸1日以上かかりましたが、国交が正常化して、米国から直行便が出るようになれば、十数時間は短縮できる。キューバ女性は、フレンドリーで情熱的。安心して遊べる“地上の楽園”がグッと身近になりますね」(大手商社マン)

 キューバ出身のタレントSHEILA(41)のイメージもあるが、米女優キャメロン・ディアス(42)のような“白人女性”も結構いるんだとか。ディアスは、父親がキューバ移民2世だ。

■中南米で最も治安がいい

「キューバ女性はスペイン系のミックスも多いので、幅広い。体格も大き過ぎず、日本人に合う。南米女性に比べれば肌もスベスベ。情熱的でベッドの上ではすぐに騎乗位で踊ってくれます。日本の女性とは体のしなりがまるで違う。それに国がコンドームを推奨しているので、衛生観念もしっかりしています。アジア人が珍しいのか、ビアパブで逆ナンしてきた女性に<コンドームがない>と断ったら、<ノープロブレム>と財布からゴムを出してきました」(前出の大手商社マン)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る