• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“祝”国交正常化 キューバ嬢との夜はこんなに情熱的だ

 キューバ危機から約半世紀。米国とキューバが国交正常化に向けて動き出した。禁輸措置などで厳しい経済状況に置かれていたキューバ国民は大喜びらしいが、ラテン系の女が大好きなニッポン男児にも朗報だ。

「キューバに渡るには日本から米国→メキシコと乗り継いで丸1日以上かかりましたが、国交が正常化して、米国から直行便が出るようになれば、十数時間は短縮できる。キューバ女性は、フレンドリーで情熱的。安心して遊べる“地上の楽園”がグッと身近になりますね」(大手商社マン)

 キューバ出身のタレントSHEILA(41)のイメージもあるが、米女優キャメロン・ディアス(42)のような“白人女性”も結構いるんだとか。ディアスは、父親がキューバ移民2世だ。

■中南米で最も治安がいい

「キューバ女性はスペイン系のミックスも多いので、幅広い。体格も大き過ぎず、日本人に合う。南米女性に比べれば肌もスベスベ。情熱的でベッドの上ではすぐに騎乗位で踊ってくれます。日本の女性とは体のしなりがまるで違う。それに国がコンドームを推奨しているので、衛生観念もしっかりしています。アジア人が珍しいのか、ビアパブで逆ナンしてきた女性に<コンドームがない>と断ったら、<ノープロブレム>と財布からゴムを出してきました」(前出の大手商社マン)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る