「全員が危機感を」 丸山茂樹プロが日本男子ゴルフ界に警鐘

公開日: 更新日:

■世界基準のツアー開催が求められている

――日本ツアーの現状をどう見ていますか。

 非常に厳しい局面に来ています。一番の原因はスター不在です。松山英樹(22)や石川遼(23)は主戦場が米ツアーです。必然と、日本での出場回数が減るのは仕方ないと思います。

 メジャー挑戦を考えると、日本ツアーで頑張ってワールドランクを上げるより、米ツアーで戦うことに魅力を感じるようになります。「やれる」という気持ちがわいてくれば、どうしても気持ちが日本から離れてしまいます。

 ボクらが戦っていた90年代は、賞金額も試合数も米ツアーとさほど変わりませんでした。だから海外に行こうと考える選手はそれほど多くありませんでした。それが今では試合数の違い(米47試合、日24試合)、優勝賞金額も日本の5倍以上(米プレーヤーズ選手権171万ドル=約2億520万円、日本オープン4000万円)になると、米国で夢をつかみたいというのは自然の流れだと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

  9. 9

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る