• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「全員が危機感を」 丸山茂樹プロが日本男子ゴルフ界に警鐘

■世界基準のツアー開催が求められている

――日本ツアーの現状をどう見ていますか。

 非常に厳しい局面に来ています。一番の原因はスター不在です。松山英樹(22)や石川遼(23)は主戦場が米ツアーです。必然と、日本での出場回数が減るのは仕方ないと思います。

 メジャー挑戦を考えると、日本ツアーで頑張ってワールドランクを上げるより、米ツアーで戦うことに魅力を感じるようになります。「やれる」という気持ちがわいてくれば、どうしても気持ちが日本から離れてしまいます。

 ボクらが戦っていた90年代は、賞金額も試合数も米ツアーとさほど変わりませんでした。だから海外に行こうと考える選手はそれほど多くありませんでした。それが今では試合数の違い(米47試合、日24試合)、優勝賞金額も日本の5倍以上(米プレーヤーズ選手権171万ドル=約2億520万円、日本オープン4000万円)になると、米国で夢をつかみたいというのは自然の流れだと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る